トップ > 記事一覧 > 【健康住宅コラム】アレルギー改善に「湿度(結露)」が関係する、納得の理由とは?

【健康住宅コラム】アレルギー改善に「湿度(結露)」が関係する、納得の理由とは?

安心して長く住み続けられる「体に優しい住宅」を、札幌に。

何気なくも大切な家族の日常をつくります。札幌市北区の工務店・住宅日和です。

 

住宅日和 札幌市北区 工務店 健康住宅 新築 注文住宅 ゼオライト

私たち住宅日和の想い(リンク)

 

体に優しい住宅づくりに関するコラムです。

今日のテーマは「湿度とアレルギーの関係」について。

 

 

アレルギー

重度のものは本当に大変ですが、くしゃみや鼻水、かゆみなど、程度が軽くても日常生活の中で積み重なると、これもまた大きなストレスになるものです。

(ブログを書いている当社の広報担当も、毎年シラカバ花粉症に大いに悩まされています……)

 

 

 

 

アレルギーには原因となる物質があり、その種類は多種多様。

一般的に思い浮かべられるのは食べ物や花粉などが多いと思いますが、その他に見逃せないのが「ハウスダストアレルギー」です。

 

 

長い時間を過ごし、身体を休めるために眠る……そのための家でアレルギーになるのは、避けなければいけません

 

ハウスダストアレルギーは、主にダニの死骸やフン、カビなどを原因として発症することが多いそうです。

 

食べ物のアレルギーは該当するものを食べなければ発症しませんし、花粉症も季節限定の一過性のものです。

しかし、ハウスダストアレルギーには基本的に季節は関係ありません。原因となる物質が家の中に発生していれば、アレルギー発症のリスクは常につきまといます。

 

 

住宅日和 札幌 北区 東区 石狩市 新築注文住宅 シックハウス対策 高気密高断熱 ゼオライト

 

 

家は、人生の中で恐らく最も長い時間を過ごす場所です。

日々の暮らしの中で身体と心を休め、自分を健やかに保ち、そして家族みんなで何気なくも大切な毎日を過ごす。そんな大事な役目を持った場所です。

 

本来そうあるべき「家」の中にアレルギーの原因があり、くしゃみや鼻水、かゆみなどの不調に悩まされているとしたら……

「体に優しい住宅づくり」を志す私たちとしては、こんなに悲しいことはありません。

 

 

住宅のアレルギー対策はまず、結露をなくしましょう。なぜなら……

 

この状況を撲滅し、ハウスダストアレルギーに怯えることなく穏やかに過ごせる家を作るために、私たちは「結露」の対策に力を入れています。

 

 

 

 

「結露の防止をして、アレルギーを防げるの?」

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、結露はただ水分が窓などにつくだけではなく、それがダニやカビ発生の温床になっています。

つまり、結露が間接的にハウスダストアレルギーの原因を作っている、ということなのです。

 

だからこそ、私たちがつくる住宅では結露の防止を徹底しています。

 

☆関連記事:【シックハウス・アレルギー対策】「ゼオライト」で結露のない健康住宅!モデルハウス公開中!(札幌市北区篠路)

 

 

百聞は一見にしかず!まずはモデルハウスで見学&空気の綺麗な住宅を体験してください!

 

現在、札幌市北区篠路に当社のモデルハウスを公開中です。

私たちがこだわっている結露防止の仕組みも、惜しみなく盛り込んでいます。見学に来ていただけたら、全てご説明いたします。

 

これまでに訪れてくださった方からは、

 

「空気がなんか違う!」

「深呼吸したくなるおうち!」

 

などの感想をいただいています。

私たちも来て、体験していただいたら伝わる!という自信を持っています。

 

 

モデルハウス 住宅日和 札幌市北区 工務店 健康住宅 新築 注文住宅 ゼオライト 篠路

 

 

まずはぜひ、見学におこしください!現在感染症対策として土曜日と日曜日、各日2組ずつのご案内としております。

見学をご希望の場合は、お手数ですが当社のフリーダイヤルまでご予約をお願いいたします。

0120-832-836

 

 

【株式会社 住宅日和】

▫オフィス:札幌市北区あいの里1条6丁目2番2号 ネオ・シティーあいの里Bステージ2号棟1F

▫︎Webサイト:https://j-hiyori.com

▫︎Tel:0120-832-836

▫Instagram:住宅日和(@jyutakubiyori)

→当社の施工事例を発信中です!

 

◇住宅日和のコンセプト

私たちがお売りするのは、”家”ではありません。

“家で過ごす、何気なくも大切な家族の日常”です。

そのために、「健康住宅」をつくることにこだわり続けています。

 

 

カテゴリー

アーカイブ