企業規模に問題あり?

N様は、お父様の経営される会社にお勤めで、従業員数が7人、ご年収が500万円、
勤続8年で現在33歳です。お父様の経営する会社の金融機関に事前審査をかけたところ、
取引銀行からお断りが来ました。
銀行のご担当者に理由を聞いても教えてもらえないとの事です。
このようなケースが近年見かけられます。最近は銀行の住宅ローンは銀行本体ではなく、関連子会社が窓口となり取り扱うケースが多くなっております。また、法人のご担当者は普段法人に関するお取引を扱われておりますが住宅ローンの知識がないケースもあります。 キチンとした背景の確認をせず、法人の取引が順調なために自行での承認が出ると思っていたとしても不思議ではありません

住宅日和のご提案

N様の場合お勤め先が同族経営会社で、年商もあまり大きくはないので住宅ローン審査の上で
会社自体が安定しているとは評価されなかったと考えられました。
住宅ローン審査においては
「自営業」「同族会社勤務」「小規模法人代表者」「小規模法人役員」の方にはとても厳しい判断を
されてしまうケースがあります。
経験をもとに自営業の方や会社に不安のある方に有利になり、お勤め先の規模をあまり重視しない
金融機関をオススメしたところ、審査結果は無事に『承認』をいただきました。